平素より大変お世話になっております。

さてこの度、「一般建築物石綿含有建材調査者講習会」の開催希望調査をいたします。

 

人体に悪影響を与える石綿(アスベスト)含有建材を使用した建物の解体・改修工事が、これから本格化していきます。

そこで石綿障害予防規則等が改正され、令和4年(2022年)4月からは「解体部分の床面積が80㎡以上の解体工事」や「請負金額が100万円以上の建築物の改修(リフォーム)工事」等で工事開始前に労働基準監督署へ石綿の事前調査を報告することが義務となっていきます。

建築物の事前調査は、令和5年(2023年)10月から定められた講習を修了した「建築物石綿含有建材調査者」が行わなければなりません。

今回の講習会は、一般社団法人JBN・全国工務店協会の協力のもと講習機関と連携し、個別講習の開催ができるように手配しております。

つきましては受講をご希望の方は【開催希望調査表】に必要事項をご記入の上、FAXもしくはメールで近畿木造住宅協会へご提出ください。

是非、この講習会にご参加ください。

 

【開催日程】
下記の①~⑤から選び、第1 希望から第5 希望までご記入ください。
①令和4年7月20~21日
②令和4年8月17~18日
③令和4年9月14~15日
④令和4年10月12~13日
⑤令和4年11月9~10日

【講習機関】(一社)日本環境衛生センター

【定員】上記開催日程 各20 名以上

【受講費】49,500 円(税込) テキスト代、試験料含む

【申込方法】
以下のいずれかからお選びいただき、【開催希望調査表】をご提出ください。
開催希望調査表は以下の「一般建築物石綿含有建材調査者講習 開催のご案内はコチラ!」よりダウンロードできます。

宛先:(一社)近畿木造住宅協会 担当:西野
・メールの場合:jimukyoku@kinki-mokuju.jp
・FAXの場合:06-6245-1353

【提出期限】:6/30(木)