住まいのお役立情報

カテゴリ別にユーザー向けの情報をまとめています。

ハウスメーカーと工務店の違い

特徴やメリットで比較!
注文住宅を建てる時にお願いするのはハウスメーカー?それとも工務店?

今回はハウスメーカーと工務店の違いについて説明します。
それぞれの特徴やメリットデメリットを知って、ハウスメーカーと工務店のどちらで家を建てるか考えてみましょう!

ハウスメーカーと工務店の違いとは?

ハウスメーカーと工務店。
それぞれがどう違うか、ご存知ですか?

ハウスメーカーとは独自のブランドを全国規模で展開しているような大きな会社を指します。
全国に支社や支店があり、対応エリアが広いです。
仕様や規格が統一化されているので工期が短くスムーズに進み、商品やサービスも一定の品質が保たれているため安心感も高いです。「ハウスメーカー」という名の通り、住宅系の大企業と言えるでしょう。

会社の規模も大きく、財務的にも安定しているので、アフターフォローも充実し、完成後のメンテナンスなどアフターフォローも安心です。
住宅展示場が完備されていてモデルハウスで実際の家を見学することができるのも大きいメリットです。

工務店とは工事全体に責任を持ち、工事に関わる職人の手配や管理をする業者のこと。
工務店はハウスメーカーよりも特定のエリアを対象とし、地域密着型で営業を行なっている会社が多いです。

会社の規模や営業のスタイルはさまざまで、社長と職人で構成される昔ながらの小さな工務店の他にも、規模が大きく着工棟数の多い工務店、フランチャイズ加盟店の工務店なども登場しています。
会社によって得意な工法やデザインは異なりますが、間取りやデザインの自由度が高いという点も特徴です。

ハウスメーカーに依頼しても、実際に家を建てるのは、地域の工務店が下請けになる場合はほとんどです。

 

ハウスメーカーか?工務店か?さまざまな角度から違いを比較!

ハウスメーカーと工務店で、具体的にはどんな部分が違うのか。

費用面、プランの作り方、建て方、アフターフォローなど、家づくりに必要なさまざまな要素を比較してみます。

〇コストや価格面

ハウスメーカーは建材や製品の規格を揃えて大量生産が可能なので、原価コストを下げることが可能です。
しかし、大きな住宅展示場の運営やテレビCMなどの広告費、全国規模の営業店の運営費が建築費へ影響を与えるのも事実。
ハウスメーカーと同じ家を建てるなら、高額な広告費をかけていない工務店へ依頼するほうがコスト的には安くなる可能性が高いです。

 

〇住宅プランの作り方

ハウスメーカーでは自社ブラントやテーマに合わせてプランを豊富に用意しています。
たくさんのプランや建材・設備の中から希望に合わせた内容を選んでいくスタイルが多いです。
選択肢にないものを取り入れるのは難しい場合がありますが、「どんな家がいいかわからない」という方には選択肢が決まっている分考えやすいでしょう。
一方、工務店はプランづくりの自由度が高く、希望の間取りや内装・外装材、設備などを自由にプランニングすることができます。
家づくりに強いこだわりがあり、一般的なデザインではないものを求める方は、自由設計が得意な工務店がオススメです。

 

〇施工の技術力や工期

ハウスメーカーへ建築を依頼した場合でも、実際の作業時にはハウスメーカーが地元の工務店へ作業を依頼することになる場合が多いです。どちらへ頼んでも施工の技術力は大きく変わりません。

ただし、ハウスメーカーへの依頼の場合、建築部材や資材は規格化されているため品質を均一に保ちやすいという特徴があります。
施工の流れもマニュアル化・システム化されているため、工務店での施工よりも短い工期で完成するケースが多いです。

 

〇アフターメンテナンス体制

住宅は完成して終わりではありません。
長い期間暮らす家ですから、その後のトラブル対応などがしっかりしていると安心ですよね。
地元の工務店では地域密着サービスで、困った時にはすぐに飛んできてくれるでしょう。
ただし、小規模の会社の場合は混んでいる期間は待たされるかもしれませんし、倒産のリスクも考えておく必要があります。

その点、経営基盤がしっかりしているハウスメーカーは安心感が高いです。
無料修理期間や定期点検などアフターフォロー制度が整えられていて、制度に沿って安定したサービスが受けられます。

ハウスメーカーか工務店か、それでも迷ったら

ハウスメーカーと工務店の特徴や違いはご理解いただけましたでしょうか。
それぞれのメリット・デメリットがあり、悩む部分でもあります。

悩んだ時はこんな部分をポイントに検討してみてはいかがでしょうか。

〇コストは掛かるが、安心感とブランド力を重視するならハウスメーカー

全国展開している大手ハウスメーカーの魅力はなんと言ってもブランド力と安心感。
品質やサービスも一定のレベルが保たれているので安心です。
経営基盤がしっかりしているので、建てた後のアフターフォローも長く任せられます。
安心して住み続けるためにも大切なことですよね。

〇コストパフォーマンスの良い、こだわりの家を0から作りたいなら工務店

工務店の魅力は、やはり地域密着サービスとプランの自由度。
間取りやデザイン、設備、内装、建具など、初めからすべて自由に考え、担当者と一緒にこだわりの家を作り上げることができるでしょう。
建築資材も自由なため部屋によって雰囲気を変えたり、こだわりたい場所にはコストをかけて、あまり重視しない場所にはコストを下げた資材を使うなど工夫もできます。

まとめ

ハウスメーカーと工務店の大まかな違いは会社の規模と対応エリアです。ハウスメーカーは独自ブランドを持って全国展開をしているのに対し、工務店は地域密着型でプランの自由度が高いのが特徴です。

・ハウスメーカーと工務店はメリット・デメリットがそれぞれあります。施工技術に大きな差は生まれないので、自分の希望のプランや優先するものを考えたうえで決めましょう。

・ハウスメーカーの大きなメリットは安心感とブランド力、工務店のメリットはコストパフォーマンスと自由度の高いプランニングです。どちらに依頼すべきか悩んだ場合はこんな点もポイントに考えたほうがよいでしょう。