テーマ:断熱材・サッシ・ガラスについて

こんにちは!!
今日は家を建てるときに使用する「断熱材・サッシ・ガラス」について綴っていきますよ。それでは最後までお付き合いよろしくお願いします!

 

四季がある日本で夏・涼しく、冬・暖かく快適な住空間を作るためのポイントは何でしょうかね?高性能なエアコンと24時間換気システムがあれば大丈夫!というのも正解の1つだと思います。でももっと大事なのは今日のテーマである断熱材・サッシ・ガラスの選択だと思います。設備性能を考えるのと同じかそれ以上に大事な事は家の基本性能である断熱性能とサッシ・ガラスの開口部性能をきちんと考える事だと私自身は思っておりますよ。やはり基本性能が高ければ設備性能はある程度選択の幅が広がりますので、まずは断熱材と開口部をどうするか、しっかりと情報を集めて選んで頂きたいと思います。

まず断熱材ですが、その形状から3種類ほどに分けられます。①綿のような繊維系、②スプレー泡のような発砲系発砲ウレタン、③板状の発砲ウレタンの3つです。

①繊維系断熱材にも素材により3種類に分かれます。1.無機質繊維系はグラスウール・ロックウールといったガラスや高炉スラグや天然岩石が原料の断熱材です。2.木質繊維系はセルロースファイバーやウッドファイバーがあります。セルロースファイバーの原料となる新聞紙は、木材から木材チップになり、そこから木質繊維を分離したパルプからつくられています。そのため、木と同じ性質を持っています。ウッドファイバーは木ならではの断熱性はもとより、熱緩和・防音・難燃性・調湿機能などの特性があります。3.天然素材系としてウールブレスや炭化コルクがあります。ウールブレスの原料は羊毛で羊毛特有の高い調湿力と断熱性、自ら湿気を吸湿・放湿し、空気をためこんで断熱します。炭化コルクはワインなどのコルクの端材を利用し、炭化させた物でたくさんの空気を含んでおり、断熱・調湿・吸音性に優れています。②と③の素材はどちらも発砲ウレタンですが、②は建築現場で吹付発砲して液体を100倍発砲することで隅々まで断熱材で埋め尽くされます。③は板状に成形された断熱材ですので、家の外側から張り詰めて高い断熱性能を確保します。

それぞれの断熱材にメリットがあるので、内装仕上げまで含めてどの断熱材にするのか考えてみてください。

断熱材と一緒に考える開口部ですが、おもに窓となるサッシ・ガラスにもいくつかの種類があります。サッシにはおもに4種類ありまして、アルミサッシ・樹脂サッシ・アルミ樹脂複合サッシ・木製サッシとなります。サッシの役割の1つは「断熱」です。冬に家の中が寒い理由のひとつに、サッシから部屋の中の暖かい空気が外部に逃げている、つまり、断熱性が低いことがあげられます。昔の家のサッシは木製のものがほとんどで、湿気で建て付けが悪くなったり、隙間風が入ったりしてとても快適とはいえませんでした。しかし、住宅の性能が向上するとともにサッシの断熱性もアップし、今ではサッシの素材はアルミや樹脂製のものなどがあります。断熱性能は樹脂サッシ・木製サッシ>アルミ樹脂複合サッシ>アルミサッシの順番となります。アルミサッシが一番熱を伝えやすいので断熱性能は低いということになります。

サッシの性能向上と同時に、ガラスも単板ガラスや複層ガラスが生まれ、さらには、より断熱性の高いトリプルガラスやガスを注入したものが登場してきました。ガラスは1層よりも複層の2層・3層として層間に空気層もしくはガスを注入することで断熱性だけでなく遮音性も向上します。このように窓の断熱性を高めることで、冬は家の中のあたたかな空気を外に逃がすことなく、夏は外部の熱を家の中に入れないということが可能になります。

断熱材とサッシとガラスで家を包み込んで快適な住空間とするためには、色々な選択肢があることがお分かりになったかと思います。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!