テーマ:材木について

こんにちは!!
だいぶと更新が途切れてしまいました・・・が今日は家を建てるときに使用する「材木」について綴っていきますよ。最後までお付き合いよろしくお願いします!

 

木の種類はたくさんの固有の名前がありますね。桧とか松とか聞かれたことがあるかと思います。もっと大きく分類すると、まずは日本国産材(以下、国産材という)or外国産材(以下、外材という)という分類から始まります。次に国産材でも針葉樹or広葉樹という分類があります。外材も同じく針葉樹or広葉樹に分類されます。針葉樹と広葉樹の違いは・・・これはもう読んで字のごとく葉っぱの見た目が尖ってる針葉樹、広がっている広葉樹ですね。でも葉っぱは家を建てたり、家具を作ったりする時には無くなっているので、見た目以外の違いとしては硬い広葉樹「Hardwood」、柔らかい針葉樹「Softwood」ということもあります。硬いということは冷たいということにもなりますし、柔らかいということは暖かいということになるので、使用用途によって使い分けが要りますね。

一般的な木材の広葉樹にはナラ(オーク)・タモ・クルミ(ウォールナット)・チーク・カエデ(メープル)・ブナ(ビーチ)・カバザクラ(バーチ)があります。テーブルとか椅子に使われている木材として聞かれたことがあると思います。針葉樹には杉・ひのき・まつ(パイン)がありますね。

家の骨組みを「構造材」とも言いますが、そこに使われるのは杉・ひのき・まつ(パイン)が多いですね。木の幹は、広葉樹は太くて曲がっていることが多く、さらに枝分かれしているのに対し、針葉樹はまっすぐ伸びていることも構造材として使われる理由となります。

家の骨組みの部位は土台・柱・梁桁・束・母屋と分かれています。それぞれの部位に使われる木材が違ってきます。一般的には土台:ひのき、柱:ひのき・杉、梁桁・束・母屋:まつが多いですね。ひのきと杉は国産材が多いですが、まつは国産材の地松だけでなく、外材の米松(Douglas fir)や欧州赤松(Red pine)があります。

木材は丸太から製材されて製品になりますが、無垢材と集成材という2つの製品に分かれます。

無垢材というのは1本ものの木です。継ぎはぎが無く端から端まで1本です。

集成材(EW材)というのは30㎜ほどの厚みの板(ラミナー)を接着剤で圧着しています。EW材はJAS製品でもあり、木材なのに強度等級が担保されていて工業製品のような扱いです。

無垢材でも未乾燥材・天然乾燥材・人工乾燥材(KD材)に分かれていて木に含まれる水分(含水率)が違っています。

ひのき・杉・まつともに無垢材も集成材もあります。でも最近の家づくりはKD材を使うのが多くなってます。工期の問題や家が完成した後の経年変化の問題もあり、特に床・壁になる部位にはKD材が使われています。

また家の骨組みは大工さんが「手刻み」するのではなく、「プレカット工場」で機械加工をして現場に配達する時代となっています。そうなると木材の変形が少ないKD材やEW材の利用が増えています。土台・柱は桧KD材で梁桁は米松KD材やEW材、束・母屋は米松KD材という使い方が一般的であるように思います。

皆さんは家づくりにどのような木材を使われますかね。どのような家に仕上げるかによっても使用木材は変わってきますので、よくよく相談して選んでください!

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!