リフォームセミナーに参加しました!

家づくりブログですが、色々と寄り道しながら情報発信するので、今回はリフォームセミナーのご報告です!

近畿木造住宅協会はJBN・全国工務店協会という組織に所属しています。
そのJBN・全国工務店協会から様々な業界情報やセミナー案内が送られてきます。同じ情報が近畿木造住宅協会の会員工務店さんにも配信されています。FAXというちょっとアナログな配信方法ではありますが。。。余談ですが韓国ではFAXが無いそうですね。ペーパレス化でFAXを無くしてメールもしくはSNSで受送信するのが当たり前だそうです。いいことだと思いますね!!
話は戻りまして、昨今はコロナ禍により行動制限もあるので、リアルに集まってセミナーというのは殆ど行われてないです。今回受講したセミナーもZOOMウェビナーでのオンラインセミナーでした。会場費用・移動時間など節約メリットは大です!でも話し手からすると視聴者の反応が分かりづらいので少なからずデメリットもあります。

前置きが長くなりましたが、本日視聴したリフォームセミナーのご報告をします。
皆さんも家づくりを検討される時に見聞きされたことがあるオレンジカラーのメーカーさん【LIXIL】がサポートしているリフォーム会社さんの事例を聞くことが出来ました。
創業72年を迎えるお会社で、新築中心ですがリフォーム事業も展開されています。でも年商20億円に対してリフォームが1億円足らずということで伸び悩んでいたところをLIXILリフォームショップに加盟して8名のスタッフで2億円まで実績を伸ばされました。
明確な作業分担と適材適所により少数精鋭で実績を出されています。それと女性目線でのご提案とかご対応というのがユーザーからすると安心感もあるのだろうと思います。
それとLIXILからスーパーバイザーを加盟ショップに派遣して毎月ショップ会議を行い指導をしてPDCAサイクルを回して業務改善されています。P:Plan、D:Do、C:Check、A:Actをグルグル回すと徐々に良いサイクルが出来てくるわけですが、CheckとActをしっかり作り込んでいくのが大変なんですね。
最後にリフォームショップのスタッフさんが言ってました「リフォーム事業に飛び道具は無い。地道な作業の継続が大事」だそうです。そうですね!何かを成し遂げるには地道な作業の積み重ねなんですね。「継続は力なり」この言葉、大好きです。このブログもコツコツと継続して、いつかコメント・反響を頂けるようになりたいです。
今回も最後までお読みいただきありがとうございました!
次回は家づくり:換気について綴っていきます。